ショパン2014/06/04 07:37

久しぶりにここへ書いています。
IDやパスワードを忘れてしまっていて、往生しましたが、
なんとか復活しました。

最近ショパンのエチュードを訓練がてらよく弾いていますが、
つくづくこの作曲家は時代を先取りした人だと感じます。
日本では江戸時代だった同じ時代に、
こんなハーモニーの音楽を作っていたのは驚異的。
現代のジャズで使われる4度進行的コード進行や、オープンハーモニー、M7thコードやリディアン的7thコードなどが垣間見えます。

ジャズを先取りしていたともいえますが、時代を考えると逆でしょう。
後のジャズミュージシャンがショパンを手本にして音楽を発展させたというのが正解かもしれない。

伝説のピアニストアートテイタムはもともとはコンサートピアニストを目指していたそうです。
しかし黒人であるためそれが叶わずジャズをやったというような話を聞いたことがあります。
テイタムがショパンのワルツを弾いているのがありますが、きっとかなりショパンを練習していたと想像できます。
ディックハイマンやビルエバンスなどにもショパンの影響は大いに見てとれますね。

ショパン以後の作曲家、たとえばラフマニノフなどにはあまりショパン的ハーモニーは出てきません。つまりはジャズ的なハーモナイズではない。
たとえば前奏曲の鐘なんてのを分析すると、ジャズではご法度のドミソ系三和音の左右二段重ねの連続です。

それはそれで悪いわけではありません。
しかし、ショパンだったら絶対あんな音の積み重ねはしなかったと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://homemat.asablo.jp/blog/2014/06/04/7334964/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。